オーソモレキュラー療法とは、薬だけに頼らずに、食事と栄養素で根本的な治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)を目指す治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)方法になります。 食事やサプリメント、点滴などを使用し、細胞の働きを活発化させることで、病気を治していこうとするもので、心身にやさしい治療方法として注目を集めています。 人間の体は、約60兆個の細胞から成り立っています。 それらの細胞の働きが活発化すれば、様々な身体の異常が改善されると考えられているのです。 オーソモレキュラー療法は、精神疾患の治療法として、50年程前から海外で使われるようになったと言われています。 初めは精神疾患(統合失調症や躁うつ病、神経症の他、アルコール依存症や摂食障害なども含まれます)のみに用いられていましたが、段々と、内科疾患やガンなどにも応用されるようになりました。 日本でも多くの病院などで取り入れられるようになっています。 アスペルガーと診断され、治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)をやっていても良くならない場合などにも、新たな治療方法としてオーソモレキュラー療法が用いられることがあります。 オーソモレキュラー療法は、今後、需要がさらに高まることが予想される治療法なのですー